Windowsはもういらない

すばらしいOS WindowsXPのサポートが終了しました。新しいOSの必要性を感じないほど完成されたOSなのに。でも、もうMicroSoftのおもわくどおりに、Windows10を購入する必要はありません。

軽量Linux:Google 画像検索から[画像を表示]ボタンが削除!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


「Google 画像検索」の「検索結果画面」にあった[画像を表示]ボタンが削除されてしまったことが、話題になっています。

ことのおこりは、「Getty Images社」が「Google」を欧州委員会へ提訴したことです。

「Getty Images社」は、さまざまな写真や動画を提供し、そのライセンスを管理している会社です。

しかし、多くのユーザーは「Getty Images社」の検索サイトを利用せず、「Google 画像検索」を使用することにより、ユーザーがお手軽かつ無料で画像を見つけて持っていってしまいます。このことが「Getty Images社」が「Google」を提訴した一番大きな理由です。

調停の結果、両社は和解し、新しく提携したのですが、

その条件の1つがGoogleの検索画面に現れる「画像を表示」ボタンを削除すること

があったようです。

この結果は、両社の協議が決裂して「Google 画像検索」で「Getty Images」を検索できなくなるよりははるかに良い結果といえます。

しかし、「Google 検索」で「画像を表示」ボタンがなくなるのは困った問題です。

実は対応策があって、「Google chrome]や「Firefox」の拡張機能を利用すると解決できるようです。

僕は、「View Image」という拡張機能をウェブストアから導入しました。





上の画像は Chrome系のブラウザー「SlimJet」で試しました。


少し知識があれば、なんなく、元の快適な環境にもどすことができますが、果たして、どれくらいのユーザーが「拡張機能」の追加を行うか疑問です。

僕のまわりのコンピューターを用いて仕事をしている人たちを見ていても、ほとんど MS WINDOWSを業者が提供したそのままで使っています。

このことが、MS Officeから離れられない状態を作ったり、ブラウザーはMicrosoftが提供したものか、たまたま、何かのアプリケーションをインストール したときに付随してインストールされるブラウザーを使ってます。

自分で、コンピューターの環境さえ整えようとしない人たちは、「画像検索」を行う機会が減るのではないか?ということを心配します。

世の中にはすばらしい写真や絵画が存在するのですから・・・

関連コンテンツ





□□□ 得々情報 □□□

------------------------------------------------------------
□無料のオフィスアプリケーションの紹介
------------------------------------------------------------



---------------
□広 告
---------------

□コンピュータ関連の機器は断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。また、製品の評価もネットでは沢山あるので、ひょっとしたら、実際に店員さんに聞くより正確かもしれません。
☆おすすめのノートパソコン タブレット もこちらで購入することもできます。


----------------------
□僕のLifeWork
----------------------
 僕のLifeWorkはお金をかけずに生活を楽しむことです。特にコンピュータ関係はインターネットなどの発達により、日常的に使うのが当たり前になってきました。次々と新しいコンピュータやオペレーティング・システムを購入するお金はありません。そこで、無料のLinuxを使ってネット生活をしていますが、その中でも、PuppyLinuxという軽量で魅力あるオペレーティング・システムについて学んでいます。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いましたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。
ノートパソコンやモバイルパソコンは、日常的に使うようになってきました 。毎日使うものには、少しお金をかけてもいいかもしれません。



---------------------------------------------
□ぷーたろーの飄々日記
---------------------------------------------

 TITLE:  僕も使っている楽天カードがお得です!

 ネットショッピングでも街でのお買い物でも楽天スーパーポイントが100円につき1ポイント貯まる!一押しの1枚です。

・年会費永年無料
・海外旅行傷害保険付き
・楽天市場でのお買い物はいつでもポイント4倍
・ご利用可能額最高100万円
・入会された方全員に楽天スーパーポイント2,000ポイントプレゼント!
ただいま新規入会キャンペーン開催中!

詳細はこちら

★本会員様のお申込みと同時に家族カードのお申込みも簡単に可能!家族カード入会でもれなく1,000ポイントプレゼント!(年会費永年無料)





スポンサーリンク



---------------------------------------------
□本当に必要なOSの選択とは
---------------------------------------------

 自分たちにとって本当に必要なOSとは何でしょうかまず、思いつくのは仕事に必要なOSです。それは、高価なOSでないとできない仕事ですか?文書が作成できて、インターネットができることで9割以上は大丈夫だというなら、無料のOSも考えてみたらどうでしょう。


---------------------------------------------
□あすすめウェブサイト
---------------------------------------------

月10万円の副収入で生活らくらく!
LibreOffice無料で楽しく
Puppy Linux 非公式 サイト
もうWindowsはもういらないの内容を見やすく提供しています。

軽量Linux:こなれたXenialDogでWineを使って日本語入力!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


BionicDogの新しいバージョンが公開されていたので、いろいろとアプリケーションをインストールしては楽しんでいました。

しかし、MS WINDOWSの有用なフリーソフトを動作させようと、Synaptic パッケージマネージャ から Wine のインストールを試みたところ、エラーを表示して、実行できません。

それならばということで、こなれた「XenialDog」で挑戦してみることにしました。

XenialDogのインストールと日本語化に関しては、「軽量Linux:XenialDogを日本語化! USBメモリーから起動!」 を参考にしてください。ただし、Zstepさんのツールは、バージョンアップしいていますので、新しい方を使ってください。

以前にも、何度も XenialDog で Wine のインストールに挑戦していたのですが、インストールそのものはできたものの、日本語の入力ができなかった経緯があります。

しかし、今回はあっけないほどうまくいったのでメモに残しておきます。

XenialDogにWineをインストール!

XenialDog の「メニュー」→「設定」から「Synaptic パッケージマネージャ」を起動します。



Wineで検索して、「wine」、「winetricks」をインストールする設定にしました。2つに必要なパッケージは自動的にインストールされるので心配はいりません。



はじめて、「wine」を起動すると、「Wine-Mono」と「Wine Gecko」のインストーラのダイアログが現れてインストールされます。


Wineを使ってアプリケーションをインストールする前に行うこと!

日本語フォントの導入!

XenialDog自体には日本語化した時点で、日本語フォントが導入されています。

しかし、wine環境には日本語フォントは導入されていないので、まず日本語フォントを導入しました。

日本語フォントは、ホームディレクトリの /.wine/drive_c/windows/Fonts に導入します。

「msmincho.ttc」、「msgothic.ttc」は同一コンピュータで使用している MS WINDOWSから拝借しましたが、やってはいけないのかもしれません。

「窓の杜」などから、日本語フォントをダウンロードして導入するのもいいと思います。



もう一つ設定しておいた方が良いものがあります。

日本語入力をするための設定ですが、/.wine フォルダの中にある 「user.reg」に下記を付け加えました。

[Software\\Wine\\X11 Driver]
"InputStyle"="root"

以上で準備が整いました。

wine の環境が整えば、後は、MS WINDOWSで動作する仕事に役立つ アプリケーションを導入するだけですが、その手順はまったくMS WINDOWSの 時と変わりません。

例 秀丸エディターのインストール

手始めに、「秀丸エディター」をインストールしてみました。

方法は、秀丸エディターをダウンロードして、クリックするだけです。



後は「ウィザード」に従ってインストールするだけです。



「秀丸エディター」がインストールされると、「メニュー」→「Wine」→「Programs」→「秀丸」で起動することができます。



僕は、Puppy Linux でも 「秀丸エディター」はよく使うので、デスクトップにショートカットを作成しています。

Wine アプリケーションのショートカットの作成の仕方!

ショートカットの作成のしかたは、デスクトップマネージャー毎に異なるので、今回は「JWM」で説明します。

「秀丸エディター」の実体は、/.wine/drive_c/Program Files/Hidemaru の中にあります。

その中の 「Hidemaru.exe」が実行ファイルなので、それをデスクトップ上にドラッグ・ドロップします。



そのままでも良いのですが、せっかくなので、アイコンを設定しました。

先ほどのドラッグ・ドロップしたアイコンを右クリックして「アイコンの設定」を選択します。すると、下の図のような画面になります。



適当なアイコンをドラッグ・ドロップすれば良いのですが、wine 関連でインストールしたアプリケーションのアイコンは、

/.local/share/icons/hicolor にあるので本家のアイコンを使用しました。



これで、素早く「秀丸エディター」を起動することに成功しました。



関連コンテンツ





□□□ 得々情報 □□□

------------------------------------------------------------
□無料のオフィスアプリケーションの紹介
------------------------------------------------------------



---------------
□広 告
---------------

□コンピュータ関連の機器は断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。また、製品の評価もネットでは沢山あるので、ひょっとしたら、実際に店員さんに聞くより正確かもしれません。
☆おすすめのノートパソコン タブレット もこちらで購入することもできます。


----------------------
□僕のLifeWork
----------------------
 僕のLifeWorkはお金をかけずに生活を楽しむことです。特にコンピュータ関係はインターネットなどの発達により、日常的に使うのが当たり前になってきました。次々と新しいコンピュータやオペレーティング・システムを購入するお金はありません。そこで、無料のLinuxを使ってネット生活をしていますが、その中でも、PuppyLinuxという軽量で魅力あるオペレーティング・システムについて学んでいます。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いましたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。
ノートパソコンやモバイルパソコンは、日常的に使うようになってきました 。毎日使うものには、少しお金をかけてもいいかもしれません。



---------------------------------------------
□ぷーたろーの飄々日記
---------------------------------------------

 TITLE:  僕も使っている楽天カードがお得です!

 ネットショッピングでも街でのお買い物でも楽天スーパーポイントが100円につき1ポイント貯まる!一押しの1枚です。

・年会費永年無料
・海外旅行傷害保険付き
・楽天市場でのお買い物はいつでもポイント4倍
・ご利用可能額最高100万円
・入会された方全員に楽天スーパーポイント2,000ポイントプレゼント!
ただいま新規入会キャンペーン開催中!

詳細はこちら

★本会員様のお申込みと同時に家族カードのお申込みも簡単に可能!家族カード入会でもれなく1,000ポイントプレゼント!(年会費永年無料)





スポンサーリンク



---------------------------------------------
□本当に必要なOSの選択とは
---------------------------------------------

 自分たちにとって本当に必要なOSとは何でしょうかまず、思いつくのは仕事に必要なOSです。それは、高価なOSでないとできない仕事ですか?文書が作成できて、インターネットができることで9割以上は大丈夫だというなら、無料のOSも考えてみたらどうでしょう。


---------------------------------------------
□あすすめウェブサイト
---------------------------------------------

月10万円の副収入で生活らくらく!
LibreOffice無料で楽しく
Puppy Linux 非公式 サイト
もうWindowsはもういらないの内容を見やすく提供しています。

軽量Linux:新バージョンのBionicDogが公開!最新版のChromiumとSlimJetをインストールしてみた!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


Puppy Linuxの本家フォーラムをながめていると、BionicDog32-alpha-2018-02-13 が公開されていました。

フォーラムの下の方にダウンロードリンクがあります。

以前にもインストールした経験があり、アルファ版ながら結構役立ったので、再度インストールしてみることにしました。

実は、この記事は新しいBionicDogで書いています。



BionicDogをインストールするのに行ったこと!

  1. インストールはフルーガルインストール(簡易なインストール)を実行

  2. 無線LAN接続

  3. 日本語化はZetstepさんが開発したものを使用

  4. 日本語変換はMozcに加えて、Anthyを追加

  5. 役立つブラウザーChromium、SlimJetのインストール



BionicDogのダウンロード

BionicDogは、先ほど紹介した BionicDog32-alpha-2018-02-13 からダウンロードします。

もちろん、64bit版も公開されています。

僕は当然32bit版をダウンロードしました。



適当なフォルダにISOファイルを保存して、別のPuppy Linuxなどで、ISOファイルをクリックして、内容を表示します。

1 保存した 「BionicDog」のISOファイル。



2 別のPuppy Linuxでクリックして内容を表示します。



ここで必要なのは、「casper」フォルダだけです。

そっくりそのまま、内蔵ハードディスクの「sda5」にコピーしました。下の図ではたくさんのファイルやフォルダが表示されていますが、必要なのは「casper」フォルダだけです。



4 「BionicDog」を起動するために、ブートローダーの「menu.lst」に下記のようなスクリプトを追加します。

「sda5」に「casper」をコピーしたので、sda:第1ドライブ、5:第5パーティションになります。hdの記述は0からカウントするので、(hd0,4)となります。

title BionicDog (sda5)
root (hd0,4)
kernel (hd0,4)/casper/vmlinuz noauto from=/ changes=/casper/
initrd (hd0,4)/casper/initrd1.xz

これで、「BionicDog」が起動できるようになりました。


BionicDogの無線LAN接続

StertchDogの無線LANの設定でははまってしましましたが、今回は大丈夫です。

Index of /17/items/Puppy_Linux_BionicDog/ から

99-bionic_linux-firmware.squashfs

をダウンロードして、/casper/modules にコピーしました。



また、wifi接続ツールを「peasywifi」から「frisbee」に変更しました。

frisbeeのインストールは、

Index of /24/items/Puppy_Linux_BionicDog_32bit_Reposisitory/

frisbee_1.2-20170430_i386.deb

を導入しました。

これで、無線LAN接続に成功しました。

BionicDogの日本語化!

日本語化の方法は、 Zstep さんの日本語パックの中から、今回は 32bit 版を使用します。

この日本語パックは、次々と改良版が公開されているので、最新版がどこにあるかわかりづらいですが、現在は下記の url からダウンロードできます。

scim-mozc-root_3.0.4.4 amd64.deb / i386.deb ターミナルから apt update を実行した後、

install.deb(s)を使ってインストールしてみてください

インストール後再起動が必要です

http://dambo.mydns.jp/uploader/file/Pp16303.tar.html

サイズ 29.1MB (30504960bytes)

ORIGINAL scim-mozc-root_3.0.4.4.tar

PASS slink

ダウンロード後のファイル名 Pp16303.tar

scim-mozc-root_3.0.4.4_amd64.deb (64bit)

scim-mozc-root_3.0.4.4_i386.deb (32bit)

具体的な日本語化の方法は、

1 Pp16303.tarを解凍します。

32bit用と64bit用の2つのファイルが生成されます。

scim-mozc-root_3.0.4.4_amd64.deb (64bit)

scim-mozc-root_3.0.4.4_i386.deb (32bit)

2 端末を起動して apt update を実行します。

3 scim-mozc-root_3.0.4.4_i386.deb を右クリック、install.deb(s)を実行

4 Do you want to continue? [Y/n]、Yを押して続行します。

5 Done. Press any key to close ... any-keyを押す

6 再起動、完了です。

日本語化した「BionicDog」です。もちろん日本語入力もできます。




日本語変換はMozcに加えて、Anthyを追加

Zstepさんの日本語化ツールを導入すると、日本語変換として「Mozc」がインストールされます。実用的にはこれで充分ですが、僕は、 日本語変換として、「Anthy」も利用するので、「lang_pack_ja-2.1.sfs」も導入して、「Mozc」と「Anthy」を切り替えて使えるようにしました。

インストールするには、「lang_pack_ja-2.1.sfs」を「lang_pack_ja-2.1.squashfs」とリネームして、「casper」フォルダーの「modules」に コピーし、「BionicDog」を再起動するだけです。



役立つブラウザーChromium、SlimJetのインストール

以前から「BionicDog」に最新版の「Chromium」や「SlimJet」のインストールはできていたのですが、日本語入力ができないので、使用をあきらめていました。

今回、ふとした思いつきでやってみるとうまくいったので紹介したいと思います。

もともと、「BionicDog」にはデフォルトで「Firefox Quantum」が導入されているので、ブラウザーの使用で困ることはありあません。



しかし、仕事では、どうしても「Chrome系のブラウザー」も使うので、まず、「Chromium」をインストールしました。

「Chromium」の導入は簡単です。「メニュー」→「設定」から「Synaptic マネージャ」を起動して、「chromium-browser 64.0.3282.167」と 「chromium-browser-10n 64.0.3282.167」をインストールするだけです。

ここまでは、以前にも達成できていたのですが、知識不足のために、日本語入力ができませんでした。

そこで、次のように「xim」を明示的に起動するスクリプトを作成したところ、うまく日本語入力ができるようになりました。

「root」で「Chromium」を起動する場合

#!/bin/sh

flashver=$(grep '"version":'
/usr/lib/chromium-browser/PepperFlash/manifest.json | cut -d\" -f4)

env GTK_IM_MODULE="xim" chromium-browser --no-sandbox --disable-infobars --ppapi-flash-path=/usr/lib/chromium-browser/PepperFlash/libpepflashplayer.so
--ppapi-flash-version=${flashver} --disk-cache-dir=/tmp --disk-cache-size=10485760 --media-cache-size=10485760

「root」以外(例えば「puppy」)で「Chromium」を起動する場合

#!/bin/sh

flashver=$(grep '"version":'
/usr/lib/chromium-browser/PepperFlash/manifest.json | cut -d\" -f4)

env GTK_IM_MODULE="xim" chromium-browser --ppapi-flash-path=/usr/lib/chromium-browser/PepperFlash/libpepflashplayer.so
--ppapi-flash-version=${flashver} --disk-cache-dir=/tmp --disk-cache-size=10485760 --media-cache-size=10485760

これらのスクリプトを作成した後、実行権限を付加して、デスクトップにショートカットを作成しました。

下の図のように、日本語入力もできました。



次は、「SlimJet」のインストールです。

まず、「SlimJetの公式サイト」から

最新版の「debファイル」をダウンロードしました。



インストールはファイルを右クリックして、「Install.deb(s)」を選択するだけです。



「Chromium」と同じように、日本語入力でできるようにスクリプトを作成して、デスクトップにショートカットを作成しました。

「SlimJet」は「root」で動作させることはできなかったので、ユーザー「puppy」で動作させています。

下記が作成したスクリプトになります。

#!/bin/sh

flashver=$(grep '"version":'
/usr/lib/chromium-browser/PepperFlash/manifest.json | cut -d\" -f4)

env GTK_IM_MODULE="xim" /opt/slimjet/flashpeak-slimjet --ppapi-flash-path=/usr/lib/chromium-browser/PepperFlash/libpepflashplayer.so
--ppapi-flash-version=${flashver} --disk-cache-dir=/tmp --disk-cache-size=10485760 --media-cache-size=10485760

スクリプト自体は「/home/puppy/my-applications」に置きました。



「SlimJet」を起動してみました。



関連コンテンツ





□□□ 得々情報 □□□

------------------------------------------------------------
□無料のオフィスアプリケーションの紹介
------------------------------------------------------------



---------------
□広 告
---------------

□コンピュータ関連の機器は断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。また、製品の評価もネットでは沢山あるので、ひょっとしたら、実際に店員さんに聞くより正確かもしれません。
☆おすすめのノートパソコン タブレット もこちらで購入することもできます。


----------------------
□僕のLifeWork
----------------------
 僕のLifeWorkはお金をかけずに生活を楽しむことです。特にコンピュータ関係はインターネットなどの発達により、日常的に使うのが当たり前になってきました。次々と新しいコンピュータやオペレーティング・システムを購入するお金はありません。そこで、無料のLinuxを使ってネット生活をしていますが、その中でも、PuppyLinuxという軽量で魅力あるオペレーティング・システムについて学んでいます。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いましたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。
ノートパソコンやモバイルパソコンは、日常的に使うようになってきました 。毎日使うものには、少しお金をかけてもいいかもしれません。



---------------------------------------------
□ぷーたろーの飄々日記
---------------------------------------------

 TITLE:  僕も使っている楽天カードがお得です!

 ネットショッピングでも街でのお買い物でも楽天スーパーポイントが100円につき1ポイント貯まる!一押しの1枚です。

・年会費永年無料
・海外旅行傷害保険付き
・楽天市場でのお買い物はいつでもポイント4倍
・ご利用可能額最高100万円
・入会された方全員に楽天スーパーポイント2,000ポイントプレゼント!
ただいま新規入会キャンペーン開催中!

詳細はこちら

★本会員様のお申込みと同時に家族カードのお申込みも簡単に可能!家族カード入会でもれなく1,000ポイントプレゼント!(年会費永年無料)





スポンサーリンク



---------------------------------------------
□本当に必要なOSの選択とは
---------------------------------------------

 自分たちにとって本当に必要なOSとは何でしょうかまず、思いつくのは仕事に必要なOSです。それは、高価なOSでないとできない仕事ですか?文書が作成できて、インターネットができることで9割以上は大丈夫だというなら、無料のOSも考えてみたらどうでしょう。


---------------------------------------------
□あすすめウェブサイト
---------------------------------------------

月10万円の副収入で生活らくらく!
LibreOffice無料で楽しく
Puppy Linux 非公式 サイト
もうWindowsはもういらないの内容を見やすく提供しています。

ギャラリー
  • 軽量Linux:Slacko 700 Bに最速ブラウザ Vivaldi を手動インストール!
  • 軽量Linux:PuppyLinux Strechのもう一つのバージョンがアップされています!
  • 軽量Linux:PuppyLinuxでMOZCを使うと仕事が捗る!
  • 無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯! オフィススイート編
  • 無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯! FluxPup編
  • 軽量Linux:「DebianDog-Stretch」 をインストール日本語化してみました!
  • 軽量Linux:「DebianDog-Stretch」 をインストール日本語化してみました!
  • 軽量Linux:「DebianDog-Stretch」 をインストール日本語化してみました!
  • 軽量Linux:「DebianDog-Stretch」 をインストール日本語化してみました!
楽天市場
スポンサーリンク
にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
にほんブログ村
グーグル検索
カスタム検索
記事検索
川島和正メールマガジン
パソコン一台で稼げる最新の稼ぎ方から、日々の生活にちょっと役立つ情報まで幅広く紹介しています。

⇒ メールマガジンの登録はここから
アマゾン人気商品
Twitter
スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ