Windowsはもういらない

すばらしいOS WindowsXPのサポートが終了しました。新しいOSの必要性を感じないほど完成されたOSなのに。でも、もうMicroSoftのおもわくどおりに、Windows10を購入する必要はありません。

linuxBeanを使ってみました

linuxBeanのlinuxBean 12.04.3 2013-10-15版が出ていましたので早速試してみました。linuxBeanはlinuxBeanは、ubuntu 12.04 LTSのminimal install版をベースにした、無印XP世代向けの軽量・高速ディストリビューションです。紹介されています。WindowsXPが終焉を迎えることを考えると最適なディストリビューションかも知れません。以前はよく使っていましたが、あまりにPuppy Linuxが手軽なこともあり、Puppy Linuxばかりを使用していましたが、こちらもなかなかいいようです。
・ 特徴としては、XDEを採用し、美麗なルックスと初心者向けのGUI操作を両立。
・ 自称軽量のlubuntuに比べ、より質実剛健に快適動作を追求。
・ Ecolinuxとは違い、HDD使用量の削減を目指していません。
・ Bodhi Linuxとは違い、派手な視覚効果を排除しています。
・ コマンド不要の設定用アプリケーションを豊富に用意。
・ Wine標準搭載で、Windows用のアプリケーションもインストール可能。
・  ドライバーの自動検索を1クリックで実行できます。
・ Windows用無線LANドライバーを流用可能。よりネットに繋げ易く。
・ 不慮のトラブルでも大丈夫。レスキュー用コマンドを大量に用意。
・ 常駐プロセスを削減し、メモリー256MBの古いPCでも問題無く動作。
・  iBus+Mozcではなく、uim+Anthyを採用。軽快に日本語入力が可能。
・ 重くて挙動の怪しいPulseAudioを排除、ALSA一本に絞っています。
・ 軽いパッケージ管理ソフト、GDebi,Synapticを搭載しています。
・ 本家ubuntuで見限られたフロッピーの読み込みが簡単に行えます。
・ 初期状態ではACPI・NCQ無効。初心者が起動できないトラブルを未然に阻止。
・ 650MBのCD-RサイズISOに、一通りのソフトを収録。LiveCDとしても有用。
・ GRUB画面や起動プロセスを隠蔽しないので、不具合が直ぐ判ります。
・ ubuntuから派生したことで、Debian以上に豊富なパッケージ数を実現。
・ 非PAEカーネルを採用し、古いCPUでも動作しやすくなっています。

特に僕が気に入っているところは、
・ 常駐プロセスを削減し、メモリー256MBの古いPCでも問題無く動作。
・ 650MBのCD-RサイズISOに、一通りのソフトを収録。LiveCDとしても有用。
・ Wine標準搭載で、Windows用のアプリケーションもインストール可能。
まだまだ、Windowsのフリーソフトは使いたい場合もあるのでWineが標準で
搭載されているのはうれしい限りです。

linuxBeanの初期画面です。
スクリーンショット - 2013年12月17日 - 18時05分30秒

Wineが標準で搭載されています。

スクリーンショット - 2013年12月17日 - 18時09分00秒





LibreOffice-4.1.2-1_ja_gz.sfs

PuppyLinux precise-5.7.1-retro-s-53LibreOffice-4.1.2-1_ja_gz.sfsをインストールしました。といってもブートアップに付け加えただけですが、非常に軽快に動作します。これでオフィスを使えるようになりました。PuppyLinuxを企業や学校に導入して、プリンターの設定がうまくいけば、OS上にトラブルが起きたとき、とりあえずCDで起動して仕事をすることもできて、保守の費用も格段に抑えることができると思うのは僕だけでしょうか?
s_capture10066

DropBoxをpuppyで使う



タロ兵衛 の Puppy Linux インストール日誌にDropBoxをpuppyで使うというのがあって、早速やってみようと思う。そのやり方を参考にまとめてみました。ポータブル版DropBoxをpetにしてみたそうで下記からダウンロードできます。dropbox-1.1.43.pet 26MBはちょっとでかいと
書いてありました。試しにsfs版も作ってみた。こっちの保が起動時に読み込んだり、取り外したりできるので、使い勝手がいいかもしれません。dropbox-1.1.43.sfs

インストール先はオリジナル版に似せて/rootとした。ここにdropboxportableというディレクトリができる。
初回の実行はメニューから手動で実行してアカウントを設定します・
次回からは自動起動。自動で起動したくない場合はインストール後、~/Startupにある DropboxRun を削除。
※インストール時の注意
・時計をある程度正確に設定すること。(キチンと調べてないが、1分ぐらいずれていてもOKそう)
・同期するディレクトリはRAMドライブではなくHDDが容量的に安全。

※既にdoropboxがインストールされている場合
・dropboxを停止・終了のこと
・停止前に同期用ディレクトリ(~/root/dropboxなど)を削除しないこと(無理に削除しなくてよい)
・現在のdropboxはアンインストールのこと
ギャラリー
  • 軽量Linux:Slacko 700 Bに最速ブラウザ Vivaldi を手動インストール!
  • 軽量Linux:PuppyLinux Strechのもう一つのバージョンがアップされています!
  • 軽量Linux:PuppyLinuxでMOZCを使うと仕事が捗る!
  • 無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯! オフィススイート編
  • 無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯! FluxPup編
  • 軽量Linux:「DebianDog-Stretch」 をインストール日本語化してみました!
  • 軽量Linux:「DebianDog-Stretch」 をインストール日本語化してみました!
  • 軽量Linux:「DebianDog-Stretch」 をインストール日本語化してみました!
  • 軽量Linux:「DebianDog-Stretch」 をインストール日本語化してみました!
楽天市場
スポンサーリンク
にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
にほんブログ村
グーグル検索
カスタム検索
記事検索
アマゾン人気商品
Twitter
スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ