Windowsはもういらない

すばらしいOS WindowsXPのサポートが終了しました。新しいOSの必要性を感じないほど完成されたOSなのに。でも、もうMicroSoftのおもわくどおりに、Windows10を購入する必要はありません。

2014年06月

Puppy Linux に KingSoftOfficeをインストールしてみました

Puppy Linux に KingSoftOfficeをインストールしてみました。といっても、kingsoft-office_a12p4jp.sfs をダウンロードして、ブートするときに読み込む設定をしただけです。感想は完全ではないにしろ、使用するには十分でした。


1 ワープロです。

capture17012

2 表計算です

capture18635

3 プレゼンテーションです

capture20529

capture20875

ここまで開発されると、完全なものを求めたくなります。今後に期待したいと思います。

Puppy Linux で KingSoftOfficeを動作させる

Puppy Linux で KingSoftOfficeを動作させるという情報がありました。しかも、571JPでは、kingsoft-officeのlilux版が、中国語と英語では無料で使えるということです。そこで、kingsoft-officeを日本語化してみようというプロジェクトのようです。

1 ダウンロードはkingsoft-office_9.1.0.4280~a12p4_i386.debからできます。debファイルなので、クリックするだけでインストール可能です。英語と中国語であればそのままで使えるようです。

2 シノバーさんのところから devx_precise_5.7.1.sfsqt-4.8.2.sfs をダウンロードして読み込ませておきます。

3 日本語化をするのにはこちらの情報が役に立つようです。→http://banikojp.blogspot.jp/2014/03/kingsoft-office.html

4 日本語で起動後、opt/kingsoft/wps-office/office6にあるmuiホルダーの中身から、中国語のzh_CNを削除します。

5 展開した元ファイルのmuiホルダーを、上記の日本語起動したmuiホルダーと差し替えて、フォントを削除します。

6 1~5の作業を行い、sfsファイルかしたものがkingsoft-office_a12p4jp.sfs のようです。
早速この週末に使ってみようと思います。

僕がMS WINDOWSを使用しているときにあまりにMS OFFICEが高価なので、KingSoft Officeを購入して(確かMS OFFICEの10分の1くらいの値段でした。)使った時がありますが、あまりにMS OFFICEと操作性が似ているので、良く、マイクロソフト社から訴えられないものだなと思うくらい、互換性に優れていました。それが無料で使えるということになるとは思いませんでした。

Tahr Puppy 5.8.0.8 を日本語化してインターネットに接続 デフォルトのブラウザ Pale Moon を日本語化するまでにやったことすべて

Tahr Puppy 5.8.0.8 を日本語化してインターネットに接続 デフォルトのブラウザ Pale Moon を日本語化するまでにやったことすべて

Tahr Puppy 5.8.0.8 を日本語化はTahr Puppy 5.8.0.8 を日本語化してみました」に詳しく説明していますのでそちらを参照にしてください。今回はインターネットへの無線LAN接続とデフォルトのブラウザ「Pale Moon」の日本語化について述べてみたいと思います。日本語された「Pale Moon」です。


capture13697

続きは仕事が一段落してから書きます。たぶん午後になります。

1 無線LAN接続を設定するために「メニュー」から「インターネット接続ウィザード」を起動します。

capture8689

2 下のような「ウィンドウズ」が現れたら左側の「インターネット接続手段」から「有線あるいは無線LAN」を選択します。

capture9928

3 次のような画面にかわって、再接続を試みているようです。利用できるネットワークにeth0、wlan0 と表示されているので無線LANをハード的に認識できているのがわかります。

capture10464

4 3つの接続するためのツールが選べますが、僕はいつも「Frisbee」を利用します。

capture11110

5 「Frisbee」を起動するとSSIDが認識されているのがわかります。後は「接続」を選んでパスワードを入力すれば終了です。

capture12449

6 無事、接続の設定が完了しました。

capture16042

7 次にデフォルトのブラウザである「Pale Moon」を起動してみました。スタート画面によく使うサイトのリンクが整理されていて好感が持てました。せっかくですので日本語化してみました。

capture13697

8 「Pale Moon」日本語化の方法

Pale Moon を起動し、提供元サイトへアクセスします。「Download」⇒「Pale Moon language packs」をクリックします。

9 
「Pale Moon language packs」ページが表示されます。画面下の方にスクロールし、「Japanese」項目横の「ja.xpi」リンクをクリックします。

pale-moon-01

10 「ja.xpi」のダウンロードを行います。すぐに「Japanese Language Pack」アドオンのインストールウィンドウが表示されるはずです。「Install Now」ボタンをクリックします。

pale-moon-02

11 ここからが少し特殊ですが、日本語化設定するために、コンフィグ画面を開きます。アドレスバーに「about:config」と入力して「Enter」キーを押します。Firefoxの設定と似ていますね。
config画面が表示されるので、「Search:」のテキストボックスに「general.useragent.locale」と入力します。すると、preference Name(設定名)に、「general.useragent.locale」のみが表示されるようになります。この項目をダブルクリックします。

pale-moon-026s

12 
「general.useragent.locale」の項目が入力できます。初期設定では、「en-US」となっているので、「ja」と入力して「OK」ボタンをクリックします。

pale-moon-027s

13 
Pale Moon を再起動(一度終了して再度起動)すると、表記が日本語化されます。これだけ役に立つウェブサイトへのリンクを見てしまうと、将来のパーソナルコンピュータはネット環境とウェブブラウザのみ装備されていれば、仕事ができるような気がします。おそらくそのような方向にOSは発展するのではないでしょいうか。

capture13697
ギャラリー
  • 軽量Linux:Slacko 700 Bに最速ブラウザ Vivaldi を手動インストール!
  • 軽量Linux:PuppyLinux Strechのもう一つのバージョンがアップされています!
  • 軽量Linux:PuppyLinuxでMOZCを使うと仕事が捗る!
  • 無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯! オフィススイート編
  • 無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯! FluxPup編
  • 軽量Linux:「DebianDog-Stretch」 をインストール日本語化してみました!
  • 軽量Linux:「DebianDog-Stretch」 をインストール日本語化してみました!
  • 軽量Linux:「DebianDog-Stretch」 をインストール日本語化してみました!
  • 軽量Linux:「DebianDog-Stretch」 をインストール日本語化してみました!
楽天市場
スポンサーリンク
にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
にほんブログ村
グーグル検索
カスタム検索
記事検索
川島和正メールマガジン
パソコン一台で稼げる最新の稼ぎ方から、日々の生活にちょっと役立つ情報まで幅広く紹介しています。

⇒ メールマガジンの登録はここから
アマゾン人気商品
Twitter
スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ