無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


昨日、manjaro 32bit版をインストールした記事を書きました。

ハードディスクではなく、1000円くらいで購入したUSBメモリーにインストールしたのですが、とても快適に動作しています。

はじめて、「Arch Linux」をベースにしたディストリビューションにふれるので、まだまだ詳しいことはわかりませんが、とても設計が親切な感じがします。

日本語化もそれほど難しいことはありませんでした。

実際このブログの記事も、「manjaro 32bit」で書いています。



さて、「manjaro 32bit」もとても魅力的なディストリビューションであることはすぐに分かりましたが、いままで仕事使っている「PuppyLinux」も必要なので、USBメモリー上に、マルチブート環境を構築しました。

なお、内部ハードディスク上にマルチブート環境を構築する場合も方法はまったく同じです。

結局、

1 manjaro 32bit

2 XenialDog

3 XenialPup-7.5

4 DebLibe_Stretch

のクアドラプル(4)ブート環境になりました。

ただ「manjaro 32bit」に慣れてくると、こちらに移行する可能性を感じています。


Grub2を使ったクアドラプルブート環境の構築!

PuppyLinuxでブートローダーを作成する場合「Grub4Dos」を使いますが、「Grub4Dos」で「manjaro 32bit」を認識させることはできませんでした。(もちろん、僕の技術力がないからです)

そこで、「manjaro 32bit」の「grub2」を利用することにしました。

PuppyLinuxを認識させるには、「manjaro 32bit」を起動して「/etc/grub.d/40_custom」を編集する必要があります。

例えば、パーティションの「sdb7」にインストールした「XenialDog」であれば、次のようなスクリプトを「/etc/grub.d/40_custom」に追加します。

「XenialDog-sdb7」というのは「XenialDog」をインストールするために作成したフォルダーです。

(hd1,6)は「sdb」ドライブの「第7パーティション」を表しています。

hdの表記は0から数え始めるので、「sda」であれば、「hd0」「sdb」であれば「hd1」になります。パーティションも同じように数えていくので、「sdb7」であれば(hd1,6)という表記になります。

sdbドライブの第7パーティションに「XenialDog-sdb7」というフォルダを作成して、「XenialDog」をインストールした場合のスクリプト

menuentry 'XenialDog-sdb7 (sdb7/XenialDog)' {
set root=(hd1,6)
search --file --no-floppy --set=root /XenialDog-sdb7/casper/vmlinuz
linux /XenialDog-sdb7/casper/vmlinuz noauto from=/XenialDog-sdb7/ changes=/XenialDog-sdb7/casper/
initrd /XenialDog-sdb7/casper/initrd1.xz
}

また、Pup系のPuppyLinux 「XenialPup-7.5」を認識させるには、下記のようになります。

menuentry "xenial-7.5-sdb7 (sdb7/xenial-7.5)"{
set root=(hd1,6)
search --no-floppy --fs-uuid --set=root 16d4319e-5150-4b10-a193-490169f2abb1
linux /xenial-7.5-sdb7/vmlinuz psubdir=xenial-7.5-sdb7
initrd /xenial-7.5-sdb7/initrd.gz
}

ここで、「xenial-7.5-sdb7」は「XenialPup-7.5」をインストールするために作成したフォルダー、「16d4319e-5150-4b10-a193-490169f2abb1」は、の部分は /dev/sdb7/ の「uuid」になります。

なお、「uuid」は次のコマンドで調べることができます。

sudo blkid /dev/sda5

この後、ターミナルから

sudo update-grub

実行すれば、「grub2」を使った「ブートローダーの作成」は終了です。

現在の 「/etc/grub.d/40_custom」 です。(僕の備忘録です)

#!/bin/sh
exec tail -n +3 $0

# This file provides an easy way to add custom menu entries. Simply type the
# menu entries you want to add after this comment. Be careful not to change
# the 'exec tail' line above.

menuentry "xenial-7.5-sdb7 (sdb7/xenial-7.5)"{
set root=(hd1,6)
search --no-floppy --fs-uuid --set=root 16d4319e-5150-4b10-a193-490169f2abb1
linux /xenial-7.5-sdb7/vmlinuz psubdir=xenial-7.5-sdb7
initrd /xenial-7.5-sdb7/initrd.gz
}

# menuentry "artfulpup-17.11-16 (sdb7/artfulpup-17.11-16)"{
# set root=(hd1,6)
# search --no-floppy --fs-uuid --set=root 16d4319e-5150-4b10-a193-490169f2abb1
# linux /artfulpup-17.11-16/vmlinuz psubdir=artfulpup-17.11-16
# initrd /artfulpup-17.11-16/initrd.gz
# }

menuentry 'XenialDog-sdb7 (sdb7/XenialDog)' {
set root=(hd1,6)
search --file --no-floppy --set=root /XenialDog-sdb7/casper/vmlinuz
linux /XenialDog-sdb7/casper/vmlinuz noauto from=/XenialDog-sdb7/ changes=/XenialDog-sdb7/casper/
initrd /XenialDog-sdb7/casper/initrd1.xz
}

menuentry 'DebLive_Stretch-i386-61 (sdb7/DebLive_Stretch-i386-61)' {
set root=(hd1,6)
search --file --no-floppy --set=root /DebLive_Stretch-i386-61/live/vmlinuz1
linux /DebLive_Stretch-i386-61/live/vmlinuz1 noauto from=/DebLive_Stretch-i386-61/ changes=/DebLive_Stretch-i386-61/live/
initrd /DebLive_Stretch-i386-61/live/initrd1.xz
}

関連コンテンツ





□□□ 得々情報 □□□

------------------------------------------------------------
□無料のオフィスアプリケーションの紹介
------------------------------------------------------------



---------------
□広 告
---------------

□コンピュータ関連の機器は断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。また、製品の評価もネットでは沢山あるので、ひょっとしたら、実際に店員さんに聞くより正確かもしれません。
☆おすすめのノートパソコン タブレット もこちらで購入することもできます。


----------------------
□僕のLifeWork
----------------------
僕のLifeWorkはお金をかけずに生活を楽しむことです。特にコンピュータ関係はインターネットなどの発達により、日常的に使うのが当たり前になってきました。次々と新しいコンピュータやオペレーティング・システムを購入するお金はありません。そこで、無料のLinuxを使ってネット生活をしていますが、その中でも、PuppyLinuxという軽量で魅力あるオペレーティング・システムについて学んでいます。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いましたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。
ノートパソコンやモバイルパソコンは、日常的に使うようになってきました 。毎日使うものには、少しお金をかけてもいいかもしれません。



---------------------------------------------
□ぷーたろーの飄々日記
---------------------------------------------

TITLE: 僕も使っている楽天カードがお得です!

ネットショッピングでも街でのお買い物でも楽天スーパーポイントが100円につき1ポイント貯まる!一押しの1枚です。

・年会費永年無料
・海外旅行傷害保険付き
・楽天市場でのお買い物はいつでもポイント4倍
・ご利用可能額最高100万円
・入会された方全員に楽天スーパーポイント2,000ポイントプレゼント!
ただいま新規入会キャンペーン開催中!

詳細はこちら

★本会員様のお申込みと同時に家族カードのお申込みも簡単に可能!家族カード入会でもれなく1,000ポイントプレゼント!(年会費永年無料)





スポンサーリンク



---------------------------------------------
□本当に必要なOSの選択とは
---------------------------------------------

自分たちにとって本当に必要なOSとは何でしょうかまず、思いつくのは仕事に必要なOSです。それは、高価なOSでないとできない仕事ですか?文書が作成できて、インターネットができることで9割以上は大丈夫だというなら、無料のOSも考えてみたらどうでしょう。


---------------------------------------------
□あすすめウェブサイト
---------------------------------------------

月10万円の副収入で生活らくらく!
LibreOffice無料で楽しく
Puppy Linux 非公式 サイト
もうWindowsはもういらないの内容を見やすく提供しています。