Google カレンダーと連携する大音量の目覚まし専用装置「cloudiss」をCerevoが1万2800円で発売することがわかりました。11月中には販売を開始する模様です。
 Google カレンダーに登録されている最も朝の早い予定に合わせて自動的にアラームを作動させられるということです。ユーザーが身支度・通勤にかかる時間をオフセット設定しておくことで、予定よりもその時間分アラームを早く鳴らすことも可能です。さらに、アラームを止めた後にその日のGoogle カレンダーを音声で読み上げる機能も備えており、起床時に1日の予定を確認できるというから驚きです。

 cloudissはアルミ削り出しの円柱状のボディで、大きさは36.5mm×91.5mm(幅×高さ)、重さは51g。時刻表示機能はありません。アラーム装置に特化されているようです。250mAhのバッテリーを内蔵しており、毎日2分間アラームを作動させた場合で21日間駆動し。充電はMicro USB経由で行えます。

02

 最近、ウェアラブルな商品の開発が目につきますね。
 これらの製品を見るとき、未来はスマートフォンと連携した電気製品がたくさん出てきそうです。
帰宅30分前にエアコンをGoogleカレンダーでスイッチが入るようにしておくだとか、炊飯する、出出勤するとキッチンのガステーブルの火が自動的に消えるなど、たくさん出てきそうです。

 僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。

人気記事

僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!