Windowsはもういらない

すばらしいOS WindowsXPのサポートが終了しました。新しいOSの必要性を感じないほど完成されたOSなのに。でも、もうMicroSoftのおもわくどおりに、Windows11を購入する必要はありません。

Puppy Linux JummyPup32 日本語版で快適な軽量デスクトップ環境を構築!USBメモリで持ち運び、仕事も遊びも充実 !

Puppy Linux JummyPup32 日本語版で快適な軽量デスクトップ環境を構築!USBメモリで持ち運び、仕事も遊びも充実します。

Screenshot(7)




JummyPup32とは?


Puppy Linuxは、軽量で使いやすいLinuxディストリビューションの一つです。

その中でもJummyPup32は、日本語環境が整っており、初心者でも使いやすいと評判です。

JummyPup32日本語版作成の意義


日本語環境が整っているJummyPup32は、日本語の情報収集や文書作成など、日常的な作業に最適です。

また、軽量なので古いPCでも確実に快適に動作するのが魅力の一つです。

JummyPup32 BionicPup32 日本語版の提供


もともと、この記事は JummyPup32の記事ですが、BionicPup32の日本語版も同様に作成しましたので、ダウンロードリンクをお知らせします。

オリジナルのものは、下記で紹介されている

https://github.com/peabee/releases/releases

JammyPup32-22.04

BionicPup32ng-19.03

どちらも 2024/02/08 に公開された最新のものです。

日本語版のダウンロードリンク


JammyPup32-22.04-240208-jp のダウンロード




BionicPup32-19.03-240208-jp のダウンロード




USBメモリや内部ストレージへのフルーガルインストール方法


JummyPup32は、内部ストレージにインストールできますが、USBメモリにインストールすることで、持ち運び可能なPC環境を構築できます。

必要なもの


・USBメモリ(4GB以上)
・Puppy Linux JummyPup32のISOイメージ
・isoファイルの内容が読めるOSまたはisoファイルを焼くことのできるツール

ChromiumのLinux版インストール方法


JummyPup32には、標準でWebブラウザがインストールされていますが、より機能豊富なChromiumをインストールすることもできます。

手順

下記のリンクから sfs ファイルをダウンロードするのがもっとも簡単です。

LxPup - Puppy Linux + LXDE Files




仕事への活用方法


JummyPup32は、文書作成、表計算、プレゼンテーション、Webブラウジングなど、仕事に必要な多くのアプリケーションをインストールできます。

具体的な活用例
・LibreOfficeで文書作成、表計算、プレゼンテーション
・GIMPで画像編集
・ChromiumやFirefoxでWebブラウジング
・Thunderbirdでメール送受信
・VLC Media Playerで動画再生

JummyPup32でAIを体験するメリット


JummyPup32は、Puppy Linuxの中でも特に軽量なディストリビューションです。そのため、古いPCでも快適に動作し、AIを気軽に試すことができます。

JummyPup32でAIを体験できる5つの方法

画像認識

・画像分類:物体や人物を自動で分類
・顔認識:写真から顔を探し、名前を表示
・画像生成:テキストから画像を生成

音声認識

・音声入力:音声で文章を入力
・音声翻訳:音声をリアルタイムで翻訳
・音声合成:テキストを音声に変換

自然言語処理

・文章要約:長い文章を短くまとめる
・文章校正:文法やスペルの誤りを検出
・質問応答:質問に自動で回答

機械学習

・データ分析:大量のデータを分析し、傾向を把握
・予測モデル:過去のデータを基に未来を予測
・自動化:タスクを自動化

その他

・ゲーム:AIと対戦ゲームを楽しむ
・音楽:AI作曲でオリジナル曲を創作
・アート:AIアートで新しい作品を生み出す

実際にCopilotでイラストを描いてもらいました


方法は実に簡単でテキストで

「雨の中で傘をさして、菜の花をながめている少女」を描いてください。と入力するだけです。

BionicPup32もJummyPup32の日本語版の両方ともm変換効率の良い Mozc を導入しているので活用してください。




4枚同時に作成してくれます。

お気に入りの画像をダウンロードしてみました。







*まとめ
JummyPup32日本語版は、軽量で使いやすいLinuxディストリビューションです。

USBメモリにインストールすることで、持ち運び可能なPC環境を構築できます。仕事や遊びなど、さまざまな用途に活用できます。

メリット

・軽量で動作が快適
・日本語環境が整っている
・USBメモリにインストールして持ち運び可能
・豊富なアプリケーションがインストール可能

デメリット

・最新のソフトウェアがインストールできない場合がある
・ハードウェアによっては動作しない場合がある

軽快なOSを手に入れよう!PuppyLinux BionicPup64で仕事の効率を最大化する方法

日本語版の作成からUSBメモリへのインストール、MS Edgeの導入まで


今回は、PuppyLinuxのBionicPup64という軽量なLinuxディストリビューションについて紹介します。

BionicPup64は、Ubuntu 18.04 LTSのパッケージを利用できるようにしたPuppyLinuxのバージョンです。

もともと、PuppyLinuxは、古いPCやUSBメモリなどにもインストールできる軽量で高速なLinuxディストリビューションと評価されています。

BionicPup64は、PuppyLinuxの中でも最新のカーネルやドライバを搭載しており、安定性や互換性が高いものとなっています。

この記事の中では、BionicPup64の日本語版をダウンロードできるようにしています。

このことで、日本語化を行うことの煩わしさやストレスを軽減できると思っています。

さらに、仕事を大きくはかどらせるAIの活用方法についても述べています。


デフォルトのサイボーグの犬のような壁紙は、ここでは変更しています。

Screenshot(5)


この記事では、BionicPup64の概要を解説した後、BionicPup64の日本語版を作成する意義を述べ、ハードディスク、SSDやUSBメモリにインストールする方法、MS EdgeのLinux版のインストール、そして仕事への活用方法を丁寧に説明します。

記事の最後には、BionicPup64のメリットとデメリットを箇条書きでまとめてお伝えします。

BionicPup64の日本語版を作成する利点は、日本語環境での使用が簡単になり、日本語を母国語とするユーザーにとって使いやすくなる点です。

そして、BionicPup64日本語版のテストもかねて、今回の記事もこのBionicPup64日本語版で書いています。

BionicPup64をインストールする方法


BionicPup64をインストールする方法は、以下の手順に従います。

BionicPup64の公式ウェブサイトから、またはこの記事で紹介している日本語版の最新のISOイメージをダウンロードします。

ダウンロードしたイメージをフルーガルインストールします。

あとは起動するだけです。


BionicPup64の日本語化や日本語入力の方法が煩雑なので、日本語版を使うことをおすすめします。

BionicPup64日本語版の環境設定


では、BionicPup64日本語版をダウンロード、起動したあとの設定について、説明します。

1 起動すると次のような画面が現れます。日本の環境にあわせます。




2 下記のようなメッセージが現れますが、すでにLangage pack はインストール済みなので、安心してOKしてください。




3 続いて、指示どおり Restart X をクリックすると日本語表示、日本語入力ができるようになっています。







4 この時点で、充分、実用になる BionicPup64 が構築できました。




ここで、つけ加えておきたいことがあります。この BionicPup64 日本語版はPuppyLinux日本語フォーラムで配布されているものとは別の物です。

後から述べますが、Chrome系のブラウザも spotで起動するように設定するだけで、日本語入力もできるようになっています。

では、BionicPup64 日本語版のダウンロードリンクを紹介します。ただし、使用に関しては自己責任でお願いします。

😋 BionicPup64 日本語版のダウンロード はここから

BionicPup64 日本語版に Microsoft Edge を導入して AIを活用しよう





MS EdgeのLinux版をインストールする手順は、次の通りです。

MS EdgeのLinux版 を下記からダウンロードします。

MS Edge Linux版のダウンロード




ダウンロードした debファイル をクリックするだけでインストールできます。

インストールが完了したら、アプリケーションメニューからMS Edgeを起動すればよいのですが、ここに少し設定が必要です。

PuppyLinuxはデフォルトで rootで動作しているので、Chrome系のブラウザはそのままでは起動できません。

そこで、MS Edge を spotに登録します。

/root/.spot-status をエディタで開いて下記を追加します。

microsoft-edge-stable=false

再起動して、メニューから システム→ Login and Security Manager を起動します。




次に、Configure applications run as spot をクリックして、microsoft-edge-stable にチェックを入れます。




Chrome系のブラウザに日本語入力するためには、もう一つ設定が必要です。

/etc/profile をテキストエディタで開いて、以下の行をコメントアウトします。

export XLIB_SKIP_ARGB_VISUALS=1 の先頭に # を追加するだけです。

これで、MS Edge に日本語入力するためのすべての設定が終了しました。




Microsoft Edgeの仕事への活用方法


仕事への活用方法については、BionicPup64の軽量性を活かし、ブラウジング、メール、文書編集などの軽い作業に適しています。

また、安定性が高いため、長時間の作業にも向いています。

Microsoft Edge Copilot AIの仕事への利用


「Microsoft Edge Copilot」: あなたのブラウジングを効率化するAIアシスタント
Microsoft Edge Copilotは、Edgeブラウザーに統合されたAIアシスタントです。




この魅力的なツールは、さまざまなタスクをサポートし、あなたの仕事や日常の活動を効率的に進める手助けをしてくれます。

MS Edge の主な特徴


質問への即時回答: Edge Copilotは、複雑な質問にも迅速に回答します。

ウェブページの内容に基づいて、包括的な情報や要約を提供します。

ブラウジング中に気になることがあれば、Edge Copilotに聞いてみましょう。

文書の要約: Edge Copilotは、閲覧中のドキュメントやウェブページの要約を作成します。

重要なポイントを把握するのに役立ちます。

商用データ保護: サイドバーのエクスペリエンスで商用データ保護がサポートされているので、安心して利用できます。

PDFの編集と閲覧: PDFファイルの閲覧や編集もEdge Copilotで行えます。

仕事でPDF文書を扱う際に便利です。

タスク管理とアイデア生成: 新規作成タブでテキストやアイデアを生成できます。

ToDoリストの作成やメモにも最適です。

Copilotの使い方


Edgeブラウザーでアクセス: Edgeブラウザーの右上にあるアイコンをクリックして、Edge Copilotにアクセスできます。

質問や要約のリクエスト: ページの内容に基づいて質問したり、要約をリクエストしたりできます。

商用データ保護を活用: 商用データ保護が有効になっている場合、安全に利用できます。

Edge Copilotは、あなたのブラウジング体験を向上させ、仕事や学習をサポートします。

ぜひ活用してみてください!



Anthy 辞書管理の整備


実は、この BionicPup64を活用して、辞書を登録しようとするとうまくいきません。

メニュー → ユーティリティ → Anthy 辞書管理 を選択しても起動しません。

詳しく調べてみると、Anthy 辞書管理 プログラムのバグのようです。

下記のリンクから、kasumi_2.5-9_amd64.deb をダウンロードしてインストールしてください。

😋 kasumi_2.5-9_amd64.deb のダウンロード

さらに、辞書を保存できるようにするために、

ターミナルを開いて、下記のように入力してください。

$ touch ~/.anthy/private_words_default


メリット: 軽量かつ高速な性能 Ubuntu 18.04 LTSのパッケージを利用可能 最新のカーネルやドライバを搭載 日本語版が利用可能で、日本語ユーザーにとって使いやすい デメリット: 専門的なサポートが限られている可能性あり 一部の特殊なアプリケーションが利用できない場合がある 以上が、PuppyLinuxのBionicPup64を使った仕事の効率化方法についての詳細な解説です。

何か質問があればお気軽にどうぞ。

*まとめ
メリット:

軽量かつ高速な性能

Ubuntu 18.04 LTSのパッケージを利用可能

最新のカーネルやドライバを搭載

日本語版が利用可能で、日本語ユーザーにとって使いやすい

デメリット:

専門的なサポートが限られている可能性あり

一部の特殊なアプリケーションが利用できない場合がある



以上が、PuppyLinuxのBionicPup64を使った仕事の効率化方法についての詳細な解説です。

何か、参考になるところがあれば幸いです。

13 [さよならWinようこそLinux]32bit軽量日本語版OSを構築する意義



はじめに:


32bit軽量日本語版OSの構築には、さまざまな有益な要素があります。
この記事では、その意義について詳しく説明します。

続いて、パフォーマンスの向上、互換性の向上、セキュリティの強化、拡張性とカスタマイズ性についても取り上げ、開発中の 32bit 日本語版OS を公開、ダウンロードできるようにしています。

最後に、結論を描きます。

では、さっそく始めたいと思います。




Screenshot(11)


32bit軽量日本語版OSの意義


32bit軽量日本語版OSの意義 は、簡単に言うと、パフォーマンスの向上、互換性の向上、セキュリティの強化、拡張性とカスタマイズ性の提供ということになると思います。

この32bit軽量日本語版OSは、最小限のリソースを使用し、高速な起動時間と滑らかな動作を実現します。

もちろん、古いハードウェアのサポートと旧バージョンのソフトウェアの実行により、互換性も向上します。

Windows7のコンピュータも再利用できるはずです。

さらに少ない脆弱性と最新のセキュリティパッチのサポートにより、セキュリティを強化しています。

もちろん、必要なアプリケーションのみをインストールし、好みに合わせた外観や機能の設定も可能となっています。

僕は、このOSをネットに接続した後、すぐさま 32bit Chromium を導入しました。

メニューのなかには、すでに有名な ブラウザをインストールできる「Get Web Browser」が用意されています。

もちろん、日本語版なので、最初から日本語入力もできます。






パフォーマンスの向上


この32bit軽量日本語版OSは、非常に少ないリソースを使用することにより、起動時間の速さ、滑らかな動作を可能にしています。

電源ボタンを押してから、しばらく待たないと、OSが使えるようにならないという心配はいりません。

実際、今回提供する32bit軽量日本語版OSのISOサイズは、それぞれ

BionicPup32-19.03-231101-jp.iso は 384.1MB

JammyPup32-22.04-231101-jp.iso は 432.9MB

しかありません。



そして最後は、滑らかな動作です。

ソフトウェアの操作やアプリケーションの起動がスムーズで、作業をするとき、ストレスを感じません。

リソースの節約、素早い起動、そして滑らかな動作により、あなたのパソコンは驚異的なパフォーマンスを発揮するでしょう。

押入れの中に眠っているパソコンやUSBメモリが余っていたら、ぜひこの32bit日本語版OSを試してみてください。

きっとあなたのパソコンにとって最高のパートナーとなるはずです。



互換性の向上


互換性の向上 古いハードウェアのサポートや旧バージョンのソフトウェアの実行など、32bit軽量日本語版OSを構築することには、いくつかの重要なポイントがあります。

これによって、古いデバイスやソフトウェアを持っている人々も、最新のテクノロジーを楽しむことができます。

古いハードウェアのサポートにより、使い古されたコンピュータや古いデバイスを捨てる必要はありません。

新しいOSでは動作が重くなることが多いですが、32bit軽量日本語版OSでは古いハードウェアでもスムーズに動作します。

これによって、予算の制約のある人にとって買い替えをする必要がないというのが大きなメリットだと思います。

また、旧バージョンのソフトウェアの実行も可能です。

多くの人々は、使い慣れたソフトウェアを手放したくないという理由で古いバージョンのソフトウェアを使用し続けています。

32bit軽量日本語版OSは、これらのソフトウェアも問題なく動作させることができます。

実際、僕は、12月が近づくと、この32bit軽量日本語版OSにWine環境を構築して、32bitの「ラベル屋さん」を起動させて年賀状を作成しています。




買い替え費用を節約しながら、使い慣れた環境を維持できるのは、環境保全ということからも推奨できると思います。



セキュリティの強化


セキュリティの強化は、なぜ重要なのでしょうか?

実は、このOSはより少ない脆弱性だけでなくFirewallの機能が最初から用意されています。




拡張性とカスタマイズ性


32bit軽量日本語版OSを構築する意義の中で、拡張性とカスタマイズ性は非常に重要です。

なぜなら、私たちは自分たちのOSを自由にカスタマイズしたいし、必要なアプリケーションだけをインストールしたいからです。

制限された構成では、私たちは不要なソフトウェアや機能に縛られることになり、容量を無駄に使い、パフォーマンスにも影響を与えます。

必要なアプリケーションのみをインストールすることで、私たちはシステムのリソースを最適化し、よりスムーズな動作を実現することができます。

例えば、メモリやハードディスクの容量を節約することは、他のタスクを実行するパフォーマンスに良い影響を与えます。

もちろん、は自分の好みに合わせて外観や機能をカスタマイズすることもできます。

これにより、使いやすさや効率性を高めることができます。

例えば、特定のアプリケーションやツールバーを追加することで、作業効率を向上させることができます。

これらの拡張性とカスタマイズ性は、個々のニーズや好みに合わせてOSを最適化することができるということを意味しています。

自分自身のハードウェアやソフトウェアに合わせた、理想的ななOSを作り上げることができるのです。

それによって、使いやすさや効率性を最大化し、オリジナリティを表現することができるのです。



2つの32bit日本語版OSのダウンロード


最初に断っておきますが、インストール使用に関しては「自己責任」でお願いします。

この日本語版を構築するにあたり、ネットに接続しながらの作業は一切行なっていません。

安全を期してはいますが、完全にチェックをしたわけではないことをご良書ください。

また、ベースになっているのは、peabeeさんが開発されている BionicPupとJammyPupです。

詳しくは、下記のウェブサイトをご覧になってください。

https://github.com/peabee/releases/releases




*ダウンロードリンク
ダウンロードリンクはグーグルドライブを使用しています。

ダウンロードしようとすると、下記のように「ファイルのウィルススキャンを実行できません」のメッセージが現れますが、「エラーを無視してダウンロード」を選択してください。




また、インストールして、最初の起動で下記のようなメッセージが表示されたら、「Ignore」か「command line」を選択して再調整してください。2回目以降は正常に起動できるはずです。




2つの32bit軽量日本語版OSのダウンロードリンクの提供

BionicPup32-19.03-231101-jp.iso

381.4MB MD5 チェックサム 4a1494332050e3addecaafa58f6584bc




JammyPup32-22.04-231101-jp.iso

432.9MB MD チェックサム c278493e428b6e52b075b4078c00b678






上記の他にも日本語版OSの提供をしています。

参考にしてもらえればうれしいです。

僕がPuppyLinuxの日本語版を構築したときに、書いた記事です。 今でも、同じ気持ちです。 ここで紹介した日本語版OSは、もちろん、自分自身も活用しています。 自分でも活用し、確認はしていますが、ご使用にあたっては、全て自己責任でお願いします。


結論
32bit軽量日本語版OSの構築は、パフォーマンスの向上、互換性の向上、セキュリティの強化、拡張性とカスタマイズ性が提供されるため、多くの利点があります。

必要なリソースを最小限に抑え、スムーズな動作と早い起動時間を実現することができます。

また、古いハードウェアや旧バージョンのソフトウェアとの互換性も確保され、セキュリティパッチのサポートも提供されます。

さらに、好みに合わせた外観や機能の設定も可能です。

ギャラリー
  • Puppy Linux JummyPup32 日本語版で快適な軽量デスクトップ環境を構築!USBメモリで持ち運び、仕事も遊びも充実 !
  • 軽快なOSを手に入れよう!PuppyLinux BionicPup64で仕事の効率を最大化する方法
  • 13 [さよならWinようこそLinux]32bit軽量日本語版OSを構築する意義
  • 12[さよならWinようこそLinux]pcでandroidの環境を実現するPrimeOSをインストールして仕事に活用する方法!
  • 11 [さよならWinようこそLinux]軽量Linux Q4OSのインストール後、MS Edgeのアプリを利用して仕事に活かす!
  • 10 [さよならWinようこそLinux]世界一人気のある MX Linux 23 が公開されたのでさっそくサクッとインストール!
  • 9[さよならWinようこそLinux]フルーガルインストールできるディストリビューション共存と活用!
  • 番外編 [さよならWinようこそLinux]快適な仕事環境を構築するためにLinuxにリモートデスクトップを導入する!
  • 8[さよならWinようこそLinux]どこでも持ち運ぶことのできる USBメモリOS でどこでも仕事ができる環境をつくる!
最新記事
月別アーカイブ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
グーグル検索
カスタム検索
記事検索
ConoHa WING
アマゾン人気商品


楽天市場
スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

BLOG RANKING
Windowsはもういらない - にほんブログ村

Linuxランキング

  • ライブドアブログ